堺市中区の品質重視の歯科医療をリーズナブルに提供する歯科・歯医者|【最寄駅:中百舌鳥、なかもず、深井】

〒599-8238 大阪府堺市中区土師町2-29-15

南海バス土師停留所より徒歩30秒
地下鉄御堂筋線なかもず駅・南海高野線中百舌鳥駅より徒歩15分
泉北高速線深井駅より徒歩15分

 
9:30~13:00 × ×

15:00~19:00

× × ×

△:9:30~14:00 休診日:木、日曜日・祝日

ご予約・お問い合わせはこちら

072-270-6460

歯肉炎上プラークと歯肉縁下プラークはどう違う?

簡単に説明するなら

プラークには、歯肉縁よりも歯冠側の表面につくものと、」歯肉縁よりも歯根側の歯周ポケット内の

歯根につくものがあります。どちらも同じものですが、生息している細菌と存在の仕方が違います歯冠の表面につくものを「歯肉縁上プラーク」、歯根につくものを「歯肉縁下プラーク」と呼びます。歯肉縁上プラークは歯肉炎の、歯肉縁下プラークは歯周炎の原因となりまグラム陽性す。

詳しく説明するなら

歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

歯石に歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石があるように、プラークにも歯肉炎上プラークと歯肉縁下プラークがあります。歯肉炎上プラークは細菌の塊で、その中にはレンサ球菌、放線菌、グラム陽性桿菌が多く見られます。これに対して、歯肉縁下プラークは、歯周ポケット内で、バイオフィルムを形成しています。このバイオフィルムの中には、歯周病原菌と呼ばれる特別な細菌が増殖しています。歯肉縁下プラークの中に潜んでいる細菌が最も危険ですから徹底的に排除する必要があります。

歯肉縁上プラークと歯肉縁下プラーク

歯肉縁上プラーク 歯肉縁よりも歯冠側にあり、外から見える。染めだし液で赤く染めだされる。

レンサ球菌、放線菌、グラム陽性球菌

歯肉縁下プラーク 歯肉縁より歯根側の歯周ポケット内にあり、外から見えない。歯周ポケット内でバイオフィルムを形成する。

グラム陽性嫌気性菌、桿菌、スピロヘータ

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

072-270-6460

診療時間

 


× ×

× × ×

午前9:30~13:00
午後15:00~19:00
△:9:30~14:00
休診日:木、日曜日・祝日

アクセス

072-270-6460

〒599-8238
大阪府堺市中区土師町2-29-15